「紫外線」と一言でいっても、実は3種類存在します。「UVA」、「UVB」、「UVC」の3種類です。これらの紫外線にはそれぞれ異なった特徴があります。そこでそれぞれの特徴を紹介していきます。各々の特徴を理解することで、より一層紫外線の恐ろしさを知ることができます。

紫外線は日焼けによるシミだけが恐ろしいわけではありません。日焼けによる皮膚がんや肌トラブルなど、多くの危険が潜んでいるのです。しかしその反面、骨を丈夫にする、情緒を安定させるなどプラスに働く事もあります。紫外線の事を良く理解し、しっかりとした紫外線対策に結びつけることが大切です。

UVA
UVA波は、肌を黒くする働きのある自然派化粧品ランキングです。美白には最も恐ろしい敵となります。シミやしわの原因にもなると言われています。またUVAは、波長が長いですから、肌の深部にまで影響を及ぼします。UVAはオゾン層を通り抜けるだけでなく、室内にも降り注ぎます。ですから、室内にいる事が多い人であっても、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

UVB
肌が赤くなったり赤いブツブツが出来る原因となる紫外線です。シミの原因だけに留まらず、皮膚がんを誘発する可能性があります。ただUVAと比較すると、地上に到達する量が少ない紫外線です。また日傘などでも十分に防ぐ事ができます。UVBは、日焼け止め対策を行う事で、ある程度カットすることができます。

UVC
UVC波は、紫外線の中で最も恐ろしいです。万が一UVC波を浴びてしまうと、重度のやけどをおった様な症状が現れます。しかし波長が短いことから、地球上に到達する心配は少ないです。オゾン層に阻まれて、地上にまで到達する事のない紫外線と言われています。ただ、近年オゾン層の破壊が深刻化しており、今後については何とも言えない状況に陥っています。

このように紫外線にはそれぞれ異なった特徴を有する3種類が存在するのです。どれも恐ろしいですから、しっかりと日焼け止めをして出かけましょう。

体脂肪を減らしたい。だからといって絶対的にお酒や外食を絶たなければいけないのか。というと、そういうわけでもありません。

お酒の場合はアルコールの度数に応じてカロリーが高くなります。ですので、アルコール度数の低いものなら工夫次第では飲んでもかまわないのです。1日の総エネルギー摂取量を把握しておけば、だいたいどのくらい飲んでもいいのかという範囲がわかります。

また、空腹時はアルコールが胃壁に吸収されやすいので悪酔いの原因にもなります。アルコールを飲みたいからといって、食事を摂らないというのは健康を損ねてしまいます。

ですので、何かおつまみなどを食べながら飲んだ方が良いです。が、この時には栄養のバランスやカロリーに気をつけてくださいね。野菜をあまり買わない場合には、宅配のものでも強制的に注文して野菜宅配すると便利ですよ。旬の野菜を手に入れるなら野菜宅配のサイトをご覧ください。

セサミンサプリランキングを減らすという意味で、優秀なおつまみはなにかと考えると、やはり豆類となります。枝豆なんかは優秀です。あと、冷や奴とかも良いですね。ただ飲み過ぎにだけは注意してください。

外食に関しても同様です。基本的には栄養のバランスに偏りがでないものが望ましいですね。ですので、ラーメンやカレーといった糖質がメインの単品メニューよりは、品数の多い定食などがおすすめです。うどんや蕎麦は一見してよさそうですが、そうではありません。

何気に塩分が多いので体脂肪を減らすという点からすればそうおすすめできるものではありません。ですので、うどんや蕎麦などを食べるときには基本、つゆは残してください。そうすれば塩分の摂取を控えることができます。

特に、蕎麦はこの塩分の点さえ気をつければ栄養素が豊富な食材です。ですので、外食に選ぶという意味では非常におすすめでします。ただし、できるだけそば粉の割合が高いおそばであることが条件です。

肉料理などは脂質が多いために一見して敬遠されがちです。しかし、網焼きやしゃぶしゃぶなどの調理法なら、ある程度の脂質は取り除けます。こういった工夫をすることで、外食をしてもお酒を飲んでも大丈夫なのです。うまく付きあっていくことで、ストレスをため込まないようにしましょう。